全国のインフルエンザ
流行情報一覧 ※国立感染症研究所速報データを元に作成

2017年3月17日更新

インフルエンザ 流行度
1位長崎県、2位石川県、3位沖縄県
先週の発表よりも報告数は減少していますが、
注意報レベルを下回る自治体の方が少ないので、引き続き予防しましょう。
空間除菌方法はコチラ

2017年3月10日更新

インフルエンザ 流行度
1位福井県、2位長野県、3位長崎県
先週の発表よりも報告数は減少していますが、
いまだに注意報レベルの報告数の都道府県がほとんどです。
3月中は予防・対策をしっかり行いましょう。
空間除菌方法はコチラ

2017年3月3日更新

インフルエンザ 流行度
1位鹿児島県、2位石川県、3位長崎県
先週の発表よりも報告数は減少していますが、
石川県など報告数が増加している地域もあります。
まだ感染症の流行が過ぎたわけではないので、
インフルエンザ対策はしっかり行ってください。

空間除菌方法はコチラ

2017年2月24日更新

インフルエンザ 流行度
1位高知県、2位福岡県、3位大分県
先週の発表よりも報告数は減少していますが、
まだ全国的に流行が続いています。
東京を中心とする関東地方や福岡を中心とする、
引き続き予防をしっかり行いましょう。

空間除菌方法はコチラ

2017年2月17日更新

インフルエンザ 流行度
1位福岡県、2位宮崎県、3位愛知県
先週の発表よりも平均報告数は減少していますが、
新たに警報レベルの流行となった地域自体は増加傾向です。
東京を中心とする関東地方や福岡を中心とする、
九州地方は報告数の増加傾向もみられるため警戒しましょう。

空間除菌方法はコチラ

2017年2月10日更新

インフルエンザ 流行度
1位宮崎県、2位福岡県、3位愛知県
22週連続で報告数は増加しています。
昨年よりもはるかに多い報告数が各都道府県が報告されております。
東京や神奈川なども非常に多い報告数が出ておりますので、
インフルエンザに対してしっかりと予防対策をとりましょう。

空間除菌方法はコチラ

2017年2月3日更新

インフルエンザ 流行度
1位宮崎県、2位愛知県、3位埼玉県
21週連続で報告数は増加しています。
今まで以上に予防に努めましょう。

空間除菌方法はコチラ

2017年1月27日更新

インフルエンザ 流行度
1位愛知県、2位岐阜県、3位埼玉県
20週連続で報告数は増加しています。
東京都では昨年と比べて早い時期にインフルエンザ警報が発令されました。
これから2月から3月にかけて流行のピークとなるので、引き続きご注意ください。
空間除菌方法はコチラ

2017年1月20日更新

インフルエンザ 流行度
1位岐阜県、2位秋田県、3位愛知県
19週連続で報告数は増加しています。
多くの地域で注意報レベルの流行となっているので、これからも警戒しましょう。
空間除菌方法はコチラ

2017年1月16日更新

インフルエンザ 流行度
1位岐阜県、2位秋田県、3位茨城県
18週連続で報告数は増加しています。
多くの地域で注意報レベルの流行となっているので、これからも警戒しましょう。
空間除菌方法はコチラ

2017年1月10日更新

インフルエンザ 流行度
1位富山県、2位群馬県、3位秋田県
空間除菌方法はコチラ

2017年1月6日更新

インフルエンザ 流行度
1位福井県、2位冨山県、3位栃木県
17週連続で報告数は増加しています。
前週と比較して倍に報告数が増加しているという報道もあり、これからさらに警戒が必要です。
空間除菌方法はコチラ

2016年12月27日更新

インフルエンザ 流行度
1位栃木県、2位沖縄県、3位岩手県
16週連続で報告数は増加しています。
例年と比較して報告数はやや多い状況です。先週から警戒レベルに流行が達している都道府県が増えています。
年末年始を楽しく迎えるためにも、しっかりと予防しましょう!
空間除菌方法はコチラ

2016年12月16日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位栃木県、3位福井県
15週連続で報告数が増加中です。
例年と比較して報告数はやや多い状況です。
宮城県や山形県は警報レベルの流行となっており、他地域よりもはるかに報告数が多く大流行しているので警戒が必要です。
空間除菌方法はコチラ

2016年12月9日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位栃木県、3位福井県
14週連続で報告数が増加中です。
報告数は例年と比べるとかなり多くなっています。
ほとんどの都道府県でインフルエンザの流行入りが発表されています。
流行のピークは例年だと1月末から2月頃となるため、これからさらに注意が必要です。
空間除菌方法はコチラ

2016年12月2日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位栃木県、3位福井県
13週連続で報告数が増加中です。
例年と比較して報告数はかなり多い状況です。
ほとんどの都道府県でインフルエンザの流行入りが発表されています。
これからさらに流行が広がると思われるので、予防対策をしっかりと行いましょう。
空間除菌方法はコチラ

2016年11月28日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位栃木県、3位北海道
12週連続で報告数が増加中です。
例年と比較して報告数はかなり多い状況です。
東京都もインフルエンザの流行が始まったと発表しました。
今後は今まで以上の予防対策をしっかりと行いましょう。
空間除菌方法はコチラ

2016年11月18日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位福井県、3位栃木県
11週連続で報告数が増加中です。
例年と比較して報告数はかなり多い状況です。
流行の時期がかなり早まっているので厳重に注意しましょう。
空間除菌方法はコチラ

2016年11月11日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位福井県、3位岩手県
10週連続で報告数が増加中です。
例年と比較して報告数はかなり多い状況です。
都市部でも流行が顕著になってきているので警戒しましょう。
空間除菌方法はコチラ

2016年11月7日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位福井県、3位山口県
9週連続で報告数が増えています。
例年と比較して報告数はかなり多くなっています。
今年はマイコプラズマ肺炎やおたふく風邪も例年以上の流行を見せており、あらゆる感染症に注意を払った方が良いでしょう。
空間除菌方法はコチラ

2016年10月28日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位広島県、3位茨城県
8週連続で報告数が増えています。
例年と比較して報告数が多い傾向です。
流行が本格化する前にしっかりと予防対策をとりましょう。
空間除菌方法はコチラ

2016年10月21日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位広島県、3位鹿児島県
7週連続で報告数が増えています。
例年と比較して報告数がかなり多くなっています。
インフルエンザ以外の感染症も例年以上の感染数を記録しているので、感染症全般に警戒が必要です。
空間除菌方法はコチラ

2016年10月17日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位福岡県、3位茨城県
6週連続で報告数が増えています。
例年と比較して報告数がかなり多い状況です。
今年は大流行の可能性があるので注意しましょう。
空間除菌方法はコチラ

2016年10月7日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位福岡県、3位栃木県
5週連続で報告数が増えています。
特に西日本で流行が増加傾向ですので注意しましょう。
空間除菌方法はコチラ

2016年9月30日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位佐賀県、3位茨城県
4週連続で報告数が増えています。
特に沖縄県では報告数が激増しているため注意が必要です。
空間除菌方法はコチラ

2016年9月26日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位鹿児島県、3位栃木県
3週連続で報告数が増えています。
麻疹の流行が報道でも連日なされています。
インフルエンザウイルス以上の感染力の強さがあるので、特に妊婦の方やご家族はしっかり対策をとりましょう。
空間除菌方法はコチラ

2016年9月16日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位鹿児島県、3位岡山県
2週連続で報告数が増えています。
全国的に報告例が相次いでいるので、早めの対策を心がけましょう。
空間除菌方法はコチラ

2016年9月9日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位鹿児島県、3位茨城県
先週よりも報告数が増えています。
徐々に感染症報告数が増加する時期に差し掛かってくるので注意しましょう。
空間除菌方法はコチラ

2016年9月2日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位鹿児島県、3位石川県
先週よりも報告数は減少しています。
しかし地域によっては増加しているところもあるので注意しましょう。
空間除菌方法はコチラ

2016年8月25日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位鹿児島県、3位新潟県
先週よりも報告数は増加傾向です。
空間除菌方法はコチラ

2016年8月19日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位新潟県、3位鹿児島県
先週よりも報告数は減少してます。
しかしながら日本海側では上昇傾向にあるので注意しましょう。
空間除菌方法はコチラ

2016年8月16日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位鹿児島県、3位大分県
先週よりも増加傾向にあるようです。
報告数は多くありませんがお盆休みでリフレッシュしたのに、病気にかかりたくありませんよね。
しっかり感染症対策を行いましょう。
空間除菌方法はコチラ

2016年8月5日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位徳島県、3位鹿児島県
ほぼすべての地域で沈静化しています。
しかしながら新規感染者が増加している地域もあるので、夏だからといって油断しないようにしましょう。
空間除菌方法はコチラ

2016年7月29日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位徳島県、3位鹿児島県
ほぼすべての地域で沈静化しています。
プール熱の流行が広がっています。
ウイルス対策にも効果的なキエルキンで、しっかり予防対策をとりましょう。
空間除菌方法はコチラ

2016年7月22日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位福島県、3位鹿児島県
ほぼすべての地域で沈静化しています。
しかしながら新規の罹患者もところどころ出ております。
食中毒と重なってしまうと非常に重篤な症状になってしまうので、キエルキンでしっかり除菌・除ウイルスに努めてください。
空間除菌方法はコチラ

2016年7月15日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位福島県、3位鹿児島県
ほとんどの地域で沈静化しています。
夏風邪は例年と比べてやや高いレベルで流行しているようです。夏風邪に罹ると脱水症状に注意が必要となります。
予防対策もしっかりと行いましょう。
空間除菌方法はコチラ

2016年7月8日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位栃木県、3位鹿児島県
インフルエンザは落ち着いてきましたが、ヘルパンギーナ等の夏風邪が流行しているので注意しましょう。
空間除菌方法はコチラ

2016年7月1日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位大分県、3位福島県
ほとんどの地域で沈静化しています。
インフルエンザが落ち着くと食中毒の菌が増える時期です。
キエルキンで対策しましょう。
空間除菌方法はコチラ

2016年6月24日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位福島県、3位鹿児島県
ほとんどの地域で沈静化しています。
福島県でのみ感染者数が増加傾向にあるので注意しましょう。
空間除菌方法はコチラ

2016年6月17日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位大分県、3位鹿児島県
ほとんどの地域で沈静化しています。
梅雨の時期はアスペルギルス症候群など、環境中にいる菌類が原因となる病気に罹患しやすくなります。
キエルキンを使ってしっかり対策しましょう。
空間除菌方法はコチラ

2016年6月10日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位秋田県、3位福島県
ほとんどの地域で沈静化しています。
梅雨の時期はアスペルギルス症候群など、環境中にいる菌類が原因となる病気に罹患しやすくなります。
キエルキンを使ってしっかり対策しましょう。
空間除菌方法はコチラ

2016年6月3日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位青森県、3位岩手県
北日本と九州以外の地域では多くの地域で収束しています。
しかし西日本では6月にも関わらず空気が乾燥しているので、念のため注意しましょう。
空間除菌方法はコチラ

2016年5月27日更新

インフルエンザ 流行度
1位岩手県、2位青森県、3位沖縄県
東北と北陸、九州の一部地区を除き
ほとんどの地域でインフルエンザ流行は収束しています。
代わりに食中毒の報告数が増加しているのでご注意ください。
空間除菌方法はコチラ

2016年5月20日更新

インフルエンザ 流行度
1位秋田県、2位岩手県、3位沖縄県
インフルエンザ報告数は全国的には減少傾向にありますが、東北や沖縄ではまだ予防策を取った方が良いでしょう。
暖かくなってくると食中毒に注意が必要となってくるので、これからの季節は食品の取り扱いに注意しましょう。
空間除菌方法はコチラ

2016年5月16日更新

インフルエンザ 流行度
1位秋田県、2位岩手県、3位新潟県
インフルエンザ報告数は全国的には減少傾向にありますが、秋田県・岩手県ではまだまだ流行レベルです。
暖かくなっても流行が続いている地域は注意しましょう。
空間除菌方法はコチラ

2016年5月10日更新

インフルエンザ 流行度
1位秋田県、2位岩手県、3位新潟県
インフルエンザ報告数は全国的には減少傾向にありますが、東北では増加傾向の地域があります。
宮城県では前回よりもかなり増えているので注意しましょう。
空間除菌方法はコチラ

2016年4月26日更新

インフルエンザ 流行度
1位秋田県、2位岩手県、3位青森県
インフルエンザ報告数は全国的には減少傾向にありますが、東北では増加傾向を示しています。
暖かくなったからと油断せずしっかりと予防しましょう。
福島や長野でも多い傾向にあります。
九州地方では鹿児島県で多い傾向にあるので注意しましょう。
空間除菌方法はコチラ

2016年4月19日更新

インフルエンザ 流行度
1位福井県、2位新潟県、3位鹿児島県
インフルエンザ報告数は減少傾向にあります。
落ち着き始めている地域もありますが、東北・北陸・九州・沖縄地方は流行レベルとなっています。
暖かくなっても油断せず予防対策をしっかりとりましょう。
特に新学期に入り入学・進学した子どもたちは気をつけるようにしてください。
空間除菌方法はコチラ

2016年4月13日更新

インフルエンザ 流行度
1位福井県、2位新潟県、3位高知県
インフルエンザ報告数は減少傾向にあるものの、いまだに多くの都道府県でインフルエンザ注意報・警報レベルの報告数のままです。
特に新潟県や高知県では先週よりも増加しているので注意が必要です。
空間除菌方法はコチラ

2016年4月6日更新

インフルエンザ 流行度
1位福井県、2位北海道、3位岩手県
インフルエンザ報告数は減少傾向にあるものの例年と比較すると高いレベルで流行が続いています。
いまだに多くの都道府県でインフルエンザ注意報・警報レベルの報告数のままです。
特に北海道をはじめ、東北・北陸での流行はまだ警戒が必要です。
空間除菌方法はコチラ

2016年3月30日更新

インフルエンザ 流行度
1位愛媛県、2位北海道、3位高知県
インフルエンザ報告数は減少傾向にあるものの例年と比較すると高いレベルで流行が続いています。
いまだに全ての都道府県でインフルエンザ注意報・警報レベルの報告数のままです。
北海道は報告数が増加しているのでより警戒が必要です。
空間除菌方法はコチラ

2016年3月23日更新

インフルエンザ 流行度
1位愛媛県、2位愛知県、3位宮崎県
インフルエンザ報告数は減少に転じたものの、過去5年間の平均値と比較すると非常に高いレベルで流行が続いています。
いまだに全ての都道府県でインフルエンザ注意報・警報レベルの報告数のままです。
東北地方など報告数が増加している地域もあることと、週末にかけて冷えるようなので引き続き予防対策をとりましょう。
空間除菌方法はコチラ

2016年3月16日更新

インフルエンザ 流行度
1位愛知県、2位愛媛県、3位鹿児島県
最新の情報でも全ての都道府県で注意報・警報レベルの流行が続いています。
インフルエンザが流行している上位3県にも先月と比較して報告数が上昇しています。
3連休外出される際にはマスクの着用など予防を徹底しましょう。
空間除菌方法はコチラ

2016年3月8日更新

インフルエンザ 流行度
1位愛知県、2位愛媛県、3位鹿児島県
依然として全ての都道府県に置いて注意報・警報レベルの流行が続いています。
特に近畿・中国・四国地方を中心に先週よりも報告数が増加しており、継続したインフルエンザ対策が必要です。
今シーズンはA型・B型インフルエンザが同時に流行しているため、一度罹患して回復しても、別の型のインフルエンザに罹患する可能性があります。
キエルキンも用いてしっかりと予防してください。
空間除菌方法はコチラ

2016年3月2日更新

インフルエンザ 流行度
1位愛知県、2位広島県、3位山梨県
依然として全ての都道府県に置いて注意報・警報レベルの流行が続いています。
全国19府県で感染数が増加しており引き続きの予防が必要です。
今シーズンはA型・B型インフルエンザが同時に流行しているため、一度罹患して回復しても、別の型のインフルエンザに罹患する可能性があります。
キエルキンも用いてしっかりと予防してください。
空間除菌方法はコチラ

2016年2月23日更新

インフルエンザ 流行度
1位愛知県、2位沖縄県、3位埼玉県
全ての都道府県に置いて注意報・警報レベルの流行が広がっています。
愛知県は特に報告数が急増しており、今後もしっかりと予防をしてください。
その他の件についてもまだまだ流行が続きそうですので引き続き注意しましょう。
キエルキンも用いてしっかりと予防してください。
空間除菌方法はコチラ

2016年2月16日更新

インフルエンザ 流行度
1位神奈川県、2位埼玉県、3位愛知県
全ての都道府県に置いて注意報・警報レベルの流行が広がっています。
特に人口が多い都市部で先週から報告数が急増しています。
暖かい日が続き外出の機会も増えますがマスク等でしっかり対策をとりましょう。
寒暖の差が激しい日が続き、これからさらに感染が拡大する可能性があるので、キエルキンも用いてしっかりと予防してください。
空間除菌方法はコチラ

2016年2月10日更新

インフルエンザ 流行度
1位新潟県、2位沖縄県、3位福岡県
先週から、さらに報告数が増加しています。
愛媛県・高知県以外の全都道府県において流行・大流行の指標となる報告数となっています。
今年はインフルエンザの流行が遅く、例年であればA型の後にB型が流行しますが今年は同時に流行しています。
これにより流行の拡大・重症化・長期化が懸念されています。
まだ流行は続くと予想されますのでしっかりと予防対策を取って下さい。
手洗いうがいをしっかりと行い、外出時にはマスクを着用したほうが良いでしょう。
キエルキンも用いてしっかりと予防してください。
空間除菌方法はコチラ

2016年2月3日更新

インフルエンザ 流行度
1位新潟県、2位沖縄県、3位青森県
先週から報告数が倍以上になっており流行が爆発的に広がっています。
新潟県では特に猛威を振るっており深刻な状況です。
東京や大阪、福岡など都市部でも流行が広がっており、これからさらに感染が拡大することが予想されます。
手洗いうがいをしっかりと行い、外出時にはマスクを着用したほうが良いでしょう。
キエルキンも用いてしっかりと予防してください。
空間除菌方法はコチラ

2016年1月27日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位新潟県、3位秋田県
全国的にインフルエンザが流行しています。
特に新潟県と青森県にて報告数が急増しています。
今後も流行が増加していくことが見込まれるので、しっかりと予防対策を行いましょう。
空間除菌方法はコチラ

2016年1月20日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位秋田県、3位北海道
1月15日にインフルエンザ流行シーズンに入ったことを厚労省が発表しました。
例年よりも1か月ほど遅いシーズン入りとなっています。
平均気温の高さや流行の遅れが大流行した2005年と類似しています。
全国の患者数が約1,770万人にも上ったシーズンであり、3月頃に報告数のピークを迎え4月末まで流行が続きました。
今後流行が拡大する恐れが高いため予防を徹底しましょう。
空間除菌方法はコチラ

インフルエンザ 流行度
空間除菌方法はコチラ

インフルエンザ 流行度
空間除菌方法はコチラ

インフルエンザ 流行度
空間除菌方法はコチラ

インフルエンザ 流行度
空間除菌方法はコチラ

インフルエンザ 流行度
空間除菌方法はコチラ

インフルエンザ 流行度
空間除菌方法はコチラ