全国のインフルエンザ
流行情報一覧 ※国立感染症研究所速報データを元に作成

2017年11月18日更新

インフルエンザ 流行度
1位 沖縄県、2位 長崎県、3位 福井県
報告数は3週連続の増加となっています。西日本と北陸地方を中心に徐々にインフルエンザの流行が始まりつつあるので注意が必要です。
空間除菌方法はコチラ

2017年11月10日更新

インフルエンザ 流行度
1位 沖縄県、2位 福井県、3位 福岡県
報告数は2週連続で増加しています。今年はインフルエンザワクチンが不足しているため、流行が深刻化する可能性があります。
空間除菌方法はコチラ

2017年11月6日更新

インフルエンザ 流行度
1位 沖縄県、2位 長崎県、3位 福岡県
報告数は先週から増加に転じました。
空間除菌方法はコチラ

2017年10月28日更新

インフルエンザ 流行度
1位 沖縄県、2位 長崎県、3位 山口県
報告数は先週より減少しています。
空間除菌方法はコチラ

2017年10月20日更新

インフルエンザ 流行度
1位 沖縄県、2位 長崎県、3位 山口県
報告数は2週連続で増加しており、過去5年間の同時期と比較してやや多い状況です。
空間除菌方法はコチラ

2017年10月16日更新

インフルエンザ 流行度
1位 沖縄県、2位 宮城県、3位 広島県
報告数は先週よりも増加しており、過去5年間の同時期と比較してやや多い状況です。
空間除菌方法はコチラ

2017年10月07日更新

インフルエンザ 流行度
1位 沖縄県、2位 宮城県、3位 広島県
報告数は減少しましたが、過去5年間の同時期と比較してやや多い状況です。
空間除菌方法はコチラ

2017年9月29日更新

インフルエンザ 流行度
1位 沖縄県、2位 福井県、3位 広島県
報告数は3週連続で増加しており、過去5年間の同時期と比較してやや多い状況です。
空間除菌方法はコチラ

2017年9月25日更新

インフルエンザ 流行度
1位 沖縄県、2位 島根県、3位 大分県
報告数は2週連続で増加しており、過去5年間の同時期と比較してやや多い状況です。
空間除菌方法はコチラ

2017年9月16日更新

インフルエンザ 流行度
1位 沖縄県、2位 石川県、3位 島根県
報告数は増加しており、過去5年間の同時期と比較してやや多い状況です。
空間除菌方法はコチラ

2017年9月8日更新

インフルエンザ 流行度
1位 沖縄県、2位 大分県、3位 島根県
報告数は3週連続で減少しています。
空間除菌方法はコチラ

2017年9月3日更新

インフルエンザ 流行度
1位 沖縄県、2位 島根県、3位 新潟県
報告数は2週連続で減少しています。
空間除菌方法はコチラ

2017年8月27日更新

インフルエンザ 流行度
1位 沖縄県、2位 島根県、3位 徳島県
報告数は先週よりも減少しましたが、例年よりやや多い状況です。
空間除菌方法はコチラ

2017年8月20日更新

インフルエンザ 流行度
1位 沖縄県、2位 大分県、3位 鹿児島県
報告数は先週から増加し、例年よりやや多い状況です。
空間除菌方法はコチラ

2017年8月14日更新

インフルエンザ 流行度
1位 沖縄県、2位 鹿児島県、3位 福岡県
報告数は2連続で減少していますが、例年よりやや多い状況です。
空間除菌方法はコチラ

2017年8月5日更新

インフルエンザ 流行度
1位 沖縄県、2位 鹿児島県、3位 大分県
報告数は減少しましたが、例年よりやや多い状況です。沖縄県では引き続き流行期レベルの報告数となっており注意が必要です。
空間除菌方法はコチラ

2017年7月28日更新

インフルエンザ 流行度
1位 沖縄県、2位 鹿児島県、3位 香川県
報告数は前週より増加しており、例年よりやや多い状況です。沖縄県では流行期レベルの報告数となっており注意が必要です。
空間除菌方法はコチラ

2017年7月24日更新

インフルエンザ 流行度
1位 沖縄県、2位 鹿児島県、3位 熊本県
報告数は11週連続で減少を続けていますが例年よりやや多い状況です。引き続き沖縄県では注意が必要です。
空間除菌方法はコチラ

2017年7月14日更新

インフルエンザ 流行度
1位 沖縄県、2位 鹿児島県、3位 岩手県
報告数は10週連続で減少を続けていますが例年よりかなり多い状況です。沖縄県では特に注意が必要です。
空間除菌方法はコチラ

2017年7月7日更新

インフルエンザ 流行度
1位 沖縄県、2位 宮城県、3位 熊本県
報告数は9週連続で減少を続けていますが例年よりやや多い状況です。
空間除菌方法はコチラ

2017年6月30日更新

インフルエンザ 流行度
1位 沖縄県、2位 鹿児島県、3位 岩手県
報告数は8週連続で減少を続けています。
空間除菌方法はコチラ

2017年6月23日更新

インフルエンザ 流行度
1位 沖縄県、2位 鹿児島県、3位 岩手県・福井県
報告数は7週連続で減少を続けています。
空間除菌方法はコチラ

2017年6月16日更新

インフルエンザ 流行度
1位 沖縄県、2位 熊本県、3位 岩手県
報告数は6週連続で減少を続けています。
空間除菌方法はコチラ

2017年6月9日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位岩手県、3位熊本県
報告数は5週連続で減少しています。
空間除菌方法はコチラ

2017年6月2日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位岩手県、3位山形県
報告数は4週連続で減少しています。しかし東北地方では微増しているので注意しましょう。
空間除菌方法はコチラ

2017年5月26日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位新潟県、3位山形県
報告数は3週連続で減少しています。
空間除菌方法はコチラ

2017年5月19日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位新潟県、3位北海道・福島県
報告数は2週連続で減少傾向です。
空間除菌方法はコチラ

2017年5月19日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位北海道、3位新潟県
先週の発表より報告数は減少傾向です。
空間除菌方法はコチラ

2017年5月12日更新

インフルエンザ 流行度
1位新潟県、2位沖縄県、3位福島県
先週の発表より報告数は増加傾向です。
空間除菌方法はコチラ

2017年4月28日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位新潟県、3位宮崎県
先週の発表より報告数が減少しています。
上位の流行県以外では流行は終息に向かっています。
空間除菌方法はコチラ

2017年4月21日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位宮崎県、3位福井県
先週の発表より報告数が減少しています。
しかし未だにインフルエンザで学級閉鎖といった学校もあるため注意が必要です。
空間除菌方法はコチラ

2017年4月14日更新

インフルエンザ 流行度
1位長崎県、2位宮崎県、3位沖縄県
先週の発表よりも報告数は減少しています。
九州地方での流行がまだ沈静化に至っていないため注意が必要です。
空間除菌方法はコチラ

2017年4月7日更新

インフルエンザ 流行度
1位福島県、2位沖縄県、3位宮崎県
先週の発表よりも報告数は減少傾向です。
高齢者の報告数が最も多いため、高齢者施設などではしっかりと予防を続けましょう。
空間除菌方法はコチラ

2017年3月31日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位福島県、3位長崎県
先週の発表よりも報告数は減少していますが、
報告数が増えている地域が東日本にはあるため、しっかり予防しましょう。
空間除菌方法はコチラ

2017年3月27日更新

インフルエンザ 流行度
1位沖縄県、2位福島県、3位石川県
先週の発表よりも報告数は減少していますが、
いまだに注意報レベルで流行している地域も多くあるので注意が必要です。
空間除菌方法はコチラ

2017年3月17日更新

インフルエンザ 流行度
1位長崎県、2位石川県、3位沖縄県
先週の発表よりも報告数は減少していますが、
注意報レベルを下回る自治体の方が少ないので、引き続き予防しましょう。
空間除菌方法はコチラ

2017年3月10日更新

インフルエンザ 流行度
1位福井県、2位長野県、3位長崎県
先週の発表よりも報告数は減少していますが、
いまだに注意報レベルの報告数の都道府県がほとんどです。
3月中は予防・対策をしっかり行いましょう。
空間除菌方法はコチラ

2017年3月3日更新

インフルエンザ 流行度
1位鹿児島県、2位石川県、3位長崎県
先週の発表よりも報告数は減少していますが、
石川県など報告数が増加している地域もあります。
まだ感染症の流行が過ぎたわけではないので、
インフルエンザ対策はしっかり行ってください。

空間除菌方法はコチラ

2017年2月24日更新

インフルエンザ 流行度
1位高知県、2位福岡県、3位大分県
先週の発表よりも報告数は減少していますが、
まだ全国的に流行が続いています。
東京を中心とする関東地方や福岡を中心とする、
引き続き予防をしっかり行いましょう。

空間除菌方法はコチラ

2017年2月17日更新

インフルエンザ 流行度
1位福岡県、2位宮崎県、3位愛知県
先週の発表よりも平均報告数は減少していますが、
新たに警報レベルの流行となった地域自体は増加傾向です。
東京を中心とする関東地方や福岡を中心とする、
九州地方は報告数の増加傾向もみられるため警戒しましょう。

空間除菌方法はコチラ

2017年2月10日更新

インフルエンザ 流行度
1位宮崎県、2位福岡県、3位愛知県
22週連続で報告数は増加しています。
昨年よりもはるかに多い報告数が各都道府県が報告されております。
東京や神奈川なども非常に多い報告数が出ておりますので、
インフルエンザに対してしっかりと予防対策をとりましょう。

空間除菌方法はコチラ

2017年2月3日更新

インフルエンザ 流行度
1位宮崎県、2位愛知県、3位埼玉県
21週連続で報告数は増加しています。
今まで以上に予防に努めましょう。

空間除菌方法はコチラ

2017年1月27日更新

インフルエンザ 流行度
1位愛知県、2位岐阜県、3位埼玉県
20週連続で報告数は増加しています。
東京都では昨年と比べて早い時期にインフルエンザ警報が発令されました。
これから2月から3月にかけて流行のピークとなるので、引き続きご注意ください。
空間除菌方法はコチラ

2017年1月20日更新

インフルエンザ 流行度
1位岐阜県、2位秋田県、3位愛知県
19週連続で報告数は増加しています。
多くの地域で注意報レベルの流行となっているので、これからも警戒しましょう。
空間除菌方法はコチラ

2016年インフルエンザ流行情報はこちら 2015年インフルエンザ流行情報はこちら